茶名  説明 特色

玉露 
煎茶の一種で製造方法に特色があります。抹茶の基になります。

特色       渋味が少なく特に香りと味わいが良いです。             

煎茶
日光を遮らず栽培し新芽を使い製造されます。                   
特色       甘味 苦味 渋味のバランスが良く取れています。    
芽茶
              煎茶や玉露を製造過程で得た芽や葉の先端を集めた
              貴重な部分です
 特色      力強い三味の味わいがあります。
茎茶       棒茶とも言われ仕上げの過程で新芽の葉を繋ぐ茎の部分を
              使います。
              特色 独特の風味で水色は薄いが甘味が際立ちます。
粉茶       煎茶の製造過程に得たもので、安価だけど煎茶に劣らない
特色       抽出が簡単です。
ほうじ茶
              茶葉を焙じて香ばしくします。
特色      香ばしさがあり苦味 渋味が殆どなく胃に優しいです。
玄米茶
              緑茶と炒った米を混ぜたもので、玄米によって味わいは
              変わります。
特色       あっさりとしていて、香ばしい味が特色です。
抹茶       玉露の葉(碾茶)を粉末にしたものです。
特色       玉露の抽出と異なる淹れ方で粉を溶かす
              温度を高め湯の量を増やし味います。