日々お客様との会話を楽しんでおります

お客様が選ばれてお求め頂いたお茶が、いつどこで楽しまれているのだろうと思い浮かべます。

それぞれのお茶の味わいは、時や場所で味わいが生まれているのでしょうと思います